元財務省当局者が悲惨な警告を発し、ビル・アックマン氏が経済の「大惨事」を懸念、米政府がBTCトップ保有者であり続けるなど―今週の振り返り

今週も引き続き市場や金融ニュースに警告が浸透しており、米国財務省の元広報次官補モニカ・クロウリー氏は「壊滅的な状況」を示唆している。米ドルが世界の基軸通貨としての地位を失った場合の影響。関連ニュースの中で、億万長者のビル・アックマン氏は、米国経済が「鉄道事故に向かっている」と警告した。一方、ファースト・シチズンズ・バンクはSVBを買収し、米国政府は押収された隠し資産によりビットコインのトップ保有者であり続けている。以上をすべて以下に示します。

元財務当局者、米ドルが世界基軸通貨の地位を失った場合、経済は完全に崩壊すると警告
元米国財務省広報次官補モニカ・クロウリー氏は、米ドルが世界の基軸通貨としての地位を失った場合、「壊滅的な」結果が生じると警告した。 「それは米ドルの終焉を意味するだろう」と彼女は述べ、「世界経済システムは完全に崩壊するだろう」と予測した。
続きを読む

億万長者のビル・アックマン氏、米国の銀行危機について語る:「列車事故に向かいつつあるのではないかと心配している」
億万長者のビル・アックマン氏は、政府が現在の銀行危機の継続を許した場合、米国経済は「鉄道事故に向かう」と警告した。 「信頼と信頼は何年もかけて得られるものですが、数日で消えてしまう可能性があります。」と彼は言いました。 「私たちの規制当局がこれを正しく理解してくれることを願っています。」
続きを読む

米国政府がビットコインのトップ保有者であり続け、押収された隠し資産は56億ドル相当
現在の統計によると、2023年3月25日の時点で、米国政府は56億ドル相当の20万5,515ビットコインを保有しており、これは流通供給量の約1.06%に相当する。ビットコインのキャッシュは、2020年に始まった3件の没収の結果である。Glassnodeのオンチェーンデータは、3月9日に約2億6,900万ドル相当の約9,860ビットコインがCoinbaseアドレスに送信されたことを明らかにしている。
続きを読む

ファースト・シチズンズ・バンクがシリコンバレー銀行を買収、FDIC預金保険基金に推定200億ドルの損失をもたらす
連邦預金保険公社(FDIC)によると、経営不振に陥った銀行シリコンバレー銀行(SVB)がファースト・シチズンズ・バンク・アンド・バンクに買収された。 Trust Company はノースカロライナ州ローリーに本拠を置きます。ファースト・シチズンはSVBからすべての預金とローンを取得したほか、SVBが全米に所有していた17の支店も取得した。
続きを読む
世界経済はどこに向かっていると思いますか?崩壊の警告は誇張されているのでしょうか、過小評価されているのでしょうか、不正確でしょうか、それとも的を得ているのでしょうか?以下のコメントセクションでお知らせください。