FTX顧客が破産訴訟内の資産請求のため集団訴訟を起こす

顧客グループは現在、破綻した仮想通貨取引所から資金を回収する最初の者となることを目指してFTXを訴訟している。この訴訟はデラウェア州の破産訴訟の一環として起こされ、取引プラットフォームの保有が破綻した会社ではなく彼らに帰属すると認める裁判所の判決を求めている。
顧客が他の債権者に優先して返済する権利を求めてFTX、SBFを提訴
FTXの顧客4社が火曜日、仮想通貨取引所と、創設者で元CEOのサム・バンクマン・フリード氏(SBF)を含む元幹部らを相手に訴訟を起こした。彼らは、プラットフォームに保有されているデジタル資産がFTXやその他の債権者ではなく顧客に帰属すると裁判所に宣言するよう求めている。
ロイター通信とブルームバーグが発表した報道によると、同団体はまた、デラウェア州での訴訟の一環として、集団訴訟として訴訟が受理されるよう求めているという。トレーダーや投資家が資金の引き出しを急ぐ中、バハマに本拠を置くFTXは11月11日、州破産法11条の適用を申請した。
FTX の資産に対する請求を求める数多くの法的取り組みが行われる中、新経営陣はまず顧客に返済することを約束した。最新の訴状では、「顧客集団のメンバーは、FTXグループとアラメダの減少した遺産資産を共有するためだけに、これらの破産手続きにおいて担保または一般の無担保債権者と並ぶ必要はない」と主張している。
バンクマン・フリード氏は最高経営責任者を辞任し、バハマから引き渡された後、連邦検察官が述べたように「壮大な規模の詐欺」に関連して米国で起訴されている。その中には、法定通貨と仮想通貨の両方での顧客の預金が、彼の仮想通貨取引プラットフォームであるアラメダ・リサーチを支援するために使用されたという疑惑も含まれている。 SBFの元氏も顧客保有資産の転換で責任を負い、訴訟を起こす
バンクマン・フリード氏のほかに、顧客らは彼の元恋人でアラメダの元最高経営責任者(CEO)のキャロライン・エリソン氏も訴えている。彼らは、両名が受託者義務に違反し、保有株を不当に換金した責任を負うべきだと主張している。エリソンは詐欺容疑で有罪を認めた。彼女の証言の中で、彼女はアラメダがFTXの顧客資金である特別な借入枠にアクセスできたことを認めた。
提案されている集団訴訟では、裁判所に対し、「FTXやアラメダに一度も属しておらず、他の破産債権者にも属さない、顧客に追跡可能な現金および資産は、顧客のためにのみ割り当てられるべきである」との判断を求めている。米国および世界中で 100 万を超える FTX 顧客を代表することを目指しています。
そして、裁判所が保有資産がFTXの所有物であると判断した場合、顧客は、先月破綻する前は仮想通貨業界で2番目に大きかった取引所の他の債権者よりも優先的に返済する権利を認める裁判官の判決を求めることになる。 。
ブルームバーグは、この事件に詳しい関係者の話として引用した別の報道で、11月の破産裁判所への申し立てからわずか数時間後に、3億7000万ドル以上の損失につながったFTXへのサイバー攻撃疑惑について、米司法省が調査を開始したことを明らかにした。それが内部犯行なのかハッキング事件なのかはまだ不明だ。
FTXの顧客には他の債権者よりも優先的に返済する権利が与えられると思いますか?以下のコメントセクションであなたの期待を共有してください。